茨城大学 地球・地域環境共創機構

気候変動対応部門

流域圏環境部門

農業・生態系環境適応部門

人間・社会経済部門

新着情報

オンライン公開シンポ「霞ヶ浦流域研究2021」(3/7)
2021年2月10日
オンライン公開シンポ「霞ヶ浦流域研究2021」が3月7日(日)に開催されます。 水環境や生きものの発表多数!生徒・学生・市民・研究者の交流の場です。 皆様のご参加、お待ちしております。発表申込み〆切2/15, 参加申込み〆切3/5(事前登録制) 。 発表・参加登録はこちらから http://cwes
茨城県地域気候変動適応センター シンポジウムー2020年度活動報告ー(3/9)
2021年2月9日
茨城県地域気候変動適応センターシンポジウム-2020年度活動報告-が3月9日にオンライン開催されます。 詳細はこちら(iLCCACウェブサイト)よりご覧ください。→https://www.ilccac.ibaraki.ac.jp/symposium-2020 多くの方々のご参加を心よりお待ち申し上げております。
(終了しました)GLEC-国文研共同セミナー「「壁」はどこにあるのかー異分野融合研究の可能性を考える」(3/1)
2021年2月19日
本セミナーでは、学内外より総勢29名の参加者が集まりオンラインシンポジウムが行われました。 立命館大学の鎌谷先生より、異分野融合研究を進めるにあたっての「壁」についてのご講演を頂きました。 その後、本プロジェクト参加研究者による自己紹介を挟んで、総合討論が繰り広げられました。 異分野融合研究を進めるにあたって、ど
(終了しました)三村元学長退任記念シンポジウム「土木技術者に求められる資質とは?」(3/1)
2021年2月15日
昨年3月をもって茨城大学学長を退任した三村信男氏の功績を讃えるとともに、土木技術者の資質の向上を図ることを目的としたシンポジウムが開催されます。 当日は、三村元学長と東京大学でともに学んだ城西大学学長の藤野陽三氏をお迎えしての記念対談も予定されています。 詳細は下記まで https://events.admb
台風19号災害調査団最終報告会(2/5)
2021年2月10日
2019年10月12日に台風19号が上陸し、広範囲に及んで大きな被害をもたらしました。茨城大学では、発災直後に調査団を立ち上げ、地質、土木、情報伝達、住民ケア、農業といったさまざまな視点からフィールド調査等を行ってきました。 「台風調査団」と発災2年目の年度を終えるに伴い、2/5(金)に最終報告会が開催されました。
増永助教が「三陸海域研究論文知事表彰(岩手県知事賞)」を受賞しました。
2021年1月27日
増永助教が「三陸海域研究論文知事表彰(岩手県知事賞)」を受賞しました。 今回増永助教が行なった三陸沿岸域で発生する内部潮汐や関連する混合現象に関わる研究に対して岩手県三陸海域を対象とした海洋研究として優れた内容のものとして、岩手県知事賞を受賞しました。 【受賞内容概要】 岩手県大槌湾内における海洋物理

水圏環境フィールドステーション

GLEC関連メディア

書籍
これまでに出版された、GLECメンバー関連書籍情報です。
GLEC年報等
GLEC、および旧CWES、旧ICASのこれまでの活動成果をまとめています。
毎日新聞「+2℃の世界」
2018年度より毎日新聞の「+2℃の世界」連載企画に協力してます。